So-net無料ブログ作成
検索選択

ローバーミニは飼えるのかな [検討中]

20170311-1.jpg

2017年3月某日

知人がお世話になっているショップさんに、いい感じのローバーミニが入荷したとの
連絡をもらったのでノコノコと見に行きました。

今回見てきたローバーミニは、2002年初年度登録の並行輸入車。
製造自体は2000年らしいです。
17年落ちの車両ですね。
ローバー ミニ クーパー Mpi (マルチポイントインジェクション)
ツインインジェクションモデルです。
ローバーミニの最終モデルらしいです。
日本には正規輸入されませんでした。
ラストミニとも呼ばれているようです。

20170311-3.jpg

ちなみに、ぼくはクラシックミニについての知識はほぼ素人レベルです。
なんとなく、「外観がかわいくてキビキビ走りそうで楽しそうな車だなぁ」
くらいにしか思っていませんでした。
このローバーミニを見てから一生懸命勉強中です。

ショップのオーナーさんと知人は、このローバーミニは比較的程度がいいのでお勧めとの事。

そうは言っても古い車、外装にはちらほらと錆びている部分も。
ポンコツ具合が最高です。

20170311-5.jpg

20170311-6.jpg

特に最終モデルはコストダウンがされていたのかボディが錆びやすいとの事。
BMWに買収されたローバー社員がいやいや組み立てをしていたせいかもしれません。
ドア下はやはり内側から錆びてきているようでした。
ドア下は定番チェックポイントらしいです。

20170311-7.jpg

総走行距離は約60,000キロ。メーターの一番左の数字が見えませんが5です。

20170311-4.jpg

シフトノブの革の状態をみると擦り切れやテカリのなく状態はいいです。
シートの表面も痛みは少なく目立ったダメージはありませんでした。
エアコンではないですが、日本製の吊り下げ式クーラーからは良く冷えた風がしっかりと出ました。

20170311-8.jpg

フロントのダッシュボードパネルに部分的な浮きや、装飾部品の外れがあり、
それなりの年数のやれ感が感じられます。

とりあえず試乗させてもらいました。

20170311-2.jpg

これは・・・これは、楽しい!
これが、よく言われているゴーカートフィーリングって言うんでしょうか。
すごく速く走っている気がしますが実際は遅いと思う。
本当にゴーカートなのかもしれません。
ブレーキは現代の車と比べるとびっくりするほど効きません・・・
あまりにも効かなくて故障しているのではないかと焦りました。
スピードを上げるとバラバラになってしまいそうな気がしました。
・・・でも総合的にカナリ楽しい。

さて、どうしましょうか・・・



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。